すべての子どもたちが将来に希望を持ち
生き生きと暮らせる社会へ

最新の活動報告をUPしました!
(クラウドファンディングにて目標金額の達成について)

2022.5.ホームページリニューアルしました

私たちNPO法人こども応援丸は、子どもたちへの学習支援を通じて、
下を向き笑顔を失ってしまっている子どもたちの自己肯定感を高め、笑顔を取り戻し、
夢を描き夢に向かって前を向いて歩んでいけるようサポートしていきます。

家庭と学校、行政と地域社会をつなぐ架け橋に

健全な子どもたちの育成を親だけではなく学校や行政、地域社会みんなで分担していく、そんな社会を実現したい。 私たちは学習支援を通して家庭と学校や行政、地域社会を結ぶ懸け橋になりたいと考えています。

津田代表のメッセージ
目的: NPO法人こども応援丸は子どもたちへの学習支援事業を通じて、下を向き笑顔を失ってしまった子どもたちに、笑顔を取り戻し前を向いて歩んでいけるようサポートしていきます。 理念: 私たちは学習支援事業を通して、子どもたちに自信をつけ、自らの将来を積極的に切り拓いていく力を育てていきたいと考えています。 子どもたちの自己肯定感を高め、学習だけでなく様々なことを「学ぶ力」をつけ「生きる力」に繋げていけることを願っています。

学校の授業についていけず、自信を失った子供たちの笑顔を取り戻したい

学校では集団授業が中心であるため、ちょっとしたきっかけで躓いてしまっても授業はどんどん先に進んでいってしまい、置き去りにされてしまいます。 そうした子どもたちはやがて自信を無くし、学習への意欲を失ってしまいます。 私たちは、とある学校で学習支援に関わったとき、そうした子どもたちが何人もいることに気づきました。

学校と協力し、学校の手の届きにくいところを補っていく

学校現場は多忙を極め、授業から遅れてしまった子どもたちを個別にケアしていくことは困難な状況です。 私たちは学校と協力してそのような子どもたちに寄り添い、子どもたちが前を向いて歩み進めるきっかけをつくりたい、そうした思いで学習支援を始めました。

わかる喜びを生きる力に

私たちは学習支援を通して、子どもたちに自信をつけ、自らの将来を積極的に切り開いていく力を育てていきたいと考えています。 学習支援の時間が子どもたちにとって、やる気の導火線になってくれることを願っています。 子どもたちの自己肯定感を育み、学習の力だけでなく、様々な事を「学ぶ力」をつけてもらい「生きる力」に繋げていってもらいたいと考えています。

これまでの事業の沿革

こども応援丸は、2016年8月に茅ヶ崎市立西浜中学校内で開催された夏休み学習会に学校から要請を受け、学習ボランティアを派遣したところから始まりました。

ボランティア募集

こども応援丸では、子どもたちに寄り添っていただけるボランティアを募集しています。子どもたと関わることが好きな高校生・大学生や社会人の方々、私たちと共に子どもたちの成長を見守っていきませんか?

活動報告

活動予定や活動報告はこちらから